MENU

VIOのレーザー脱毛は超痛い?!

 

医療レーザー脱毛は強力な脱毛効果が魅力で人気が高い脱毛法ですが、
エステのフラッシュ脱毛などに比べると痛みが強くなりやすいという点が唯一のデメリットと言えます。

 

特にVIO脱毛の場合は痛みが出やすいので注意が必要です。

 

なぜVIO脱毛で痛みが強くなるかというと、それはVIOのムダ毛の毛量が多いこと、そして皮膚の黒ずみにあります。

 

医療レーザー脱毛はムダ毛にレーザーを照射して熱を発生させ、その熱で毛根の毛母細胞を破壊することで脱毛効果を発揮します。

 

レーザーはメラニン色素という皮膚や体毛に存在する黒色の色素に反応して熱を生じさせるため、
黒い体毛に対して高い脱毛効果を与えます。

 

皮膚にも一定量のメラニンは存在していますが、
レーザーが反応するほど多くの量ではないため、皮膚広範に照射してもムダ毛がある部分の毛根にのみ熱が発生します。

 

メラニンの量が多いほどレーザーの働きは強くなりますので、毛量が多いVIOは熱が伝わりやすく、
脱毛効果は得られやすいのですが痛みが出やすいという特徴があります。

 

またVIOは皮膚が他の部分に比べて黒ずんでおり、
皮膚のメラニン量も多いためレーザーが皮膚全体に熱を伝えてしまうため痛みを感じる範囲が広くなるのです。

 

施術回数を増すごとにムダ毛は減っていくため痛みは少なくなりますが、
最初にあまりにも強く痛む場合には塗るタイプの麻酔を使用して痛みを軽減させることも可能です。

 

気になる場合にはカウンセリング時などに医師や看護師に相談しましょう。