MENU

レーザー脱毛のメリット・デメリットは?!

 

脱毛の種類の中でも確実に毛が生えなくなる方法が医療レーザー脱毛です。

 

医療レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応する特殊なレーザーを照射して、毛根の組織を破壊する仕組みです。
これは脱毛の効果がとても高い分、医療行為とみなされるので、医療機関でのみできる脱毛の施術です。

 

医療レーザー脱毛のメリットは、エステなどで行う光脱毛に比べて出力が高いため一度処理すれば再生されることがありません。

 

また、施術時間も短いのも特徴です。そのため肌や身体へのダメージも少なくて済みます。
更に、医師や看護師などの医療従事者が行うので、安全性が高く、トラブルがあった際も迅速な対応をしてもらえる良さがあります。
肌の弱い人やアトピーの人なども安心して受けられる施術なのです。

 

レーザーは麻酔も可能

そして、麻酔クリームなどを使用することもできるのも医療機関だからこそです。

 

安心感が抜群の脱毛法が医療レーザー脱毛なのです。
このように医療レーザー脱毛はメリットが多いのが特徴ですが、多少のデメリットもあります。

 

それは、レーザーがメラニン色素に反応する性質を持っているため、日焼けした肌には照射をできないという点です。
無理に行うと肌を火傷してしまう恐れがあるからです。また、メラニン色素が薄い産毛などには反応しないこともあるので、産毛の処理には向いていないということもあげられます。
以上のようにメリットデメリットを把握したうえで、医療レーザー脱毛をするかしないかの判断をすることが大切です。